ドローンとは

これから成長する産業だと言われているドローン産業。操縦をマスターすることによって空撮などの臨場感ある撮影が自由自在に撮ることが出来るうえに、ドローンレースなどはこれから人気が出てくると言われています。そのため、趣味としてドローンを始めるという人も増えています。では、ドローンを購入するときにはどんなところに気をつけるべきなのでしょうか。

まず、確認すべきはどのような機能が自分に必要なのかということです。高いドローンは確かに高性能ですが、初心者のうちは壊してしまう可能性があります。空撮をしたいのであればカメラ搭載のものを、操縦にこだわりたい人はラジコンタイプのものを選びましょう。メーカーについてはDJI社が一番人気です。Parrot社やHoly Stone社も人気ですので、自分の求める性能の会社の商品を選んでください。また、重量によって航空法規制対象になるかどうかということにも注目が集まります。200g未満のものは規制の対象になりにくいのでおすすめです。しかし、200g未満であっても小型無人機等飛行禁止法に引っかかる可能性があります。技適を受けていないと電波法などの関連法規があるため、そこにも気を付けましょう。

ドローンはこれから一般的になることが予想されている業界のひとつです。YouTubeなどに空撮を撮影したりすることによって収益が得られる可能性があります。ドローン購入に役立つページを書かせていただきました。最後まで読み、ドローンについての理解をぜひ深めていってください。


◇管理人参考サイト一覧◇
ドローンをはじめて使う方の中には、操縦するために資格が必要なのかどうか心配している方もいるかもしれません。現時点では資格が必要との規定はありませんが、ドローンスクールによっては証明書が交付されるところもあります ⇒ ドローン 資格